船釣り
★イカ釣り情報館★

船からエギングでのイカの釣り方。

船からエギングで狙うアオリイカ!




エギングで狙う船のアオリイカ釣りは、年々船宿も急増する注目の釣りです。
エギは3.5号〜4号くらいをご用意ください。
背中の色はピンク系とオレンジ系は必ず持ってきましょう。
基本はピンク系です。
その後オレンジ系(濁り潮に有効です)をそろえましょう!
下地の色も重要です。マーブル(虹)系とゴールド(金)系がいいですね。
中オモリは15号〜20号。初めてなら20号が無難です。
ハリスは6号〜8号くらいがいいです。
4mこれは根掛かり防止のためにもきっちり計っておきましょ!!(しかし初心者は糸絡みが多くなり3mが無難です)
細い方がよく乗ると言うことは無いので、6号以上が根掛かり時のエギの回収率UPでき、またエギのアクションも良くなるのでおすすめです。
@まずは一気に底まで落とす(中オモリが先に着底します)
Aハリスの長さプラス2m道糸を素早く巻く(竿を下向けにし竿先を水面近くにしないとプラス2m巻いたことにはなりません)
★アオリイカは海底から2mくらいの所でよく乗ります(活性が高い時はもっと上の層でも乗りますが、基本は海底から2mくらいと思ってください。
そこらへんでエギがアオリイカにアピールしている様にしましょう!
(海底からハリス+1mでもOKですが根掛かりされる方が多く2mがおすすめ!1mでも2mでも釣果に差はありません。
根掛かりしているとそれだけチャンスを逃すことになり不利)
Bエギが潮に馴染むのを待って(5秒〜10秒くらい)シャクリ開始!
シャクリ幅は竿先を水面近くにし1mくらいを素早くシャクリまた素早くムチを振り落とすように竿先を元の位置にもどす。 
シャクリはコンパクトに素早く!!
(ベランダから糸に吊るした五円玉で試して見てください。ゆっくり上げると上げた分しか上がりませんが、すばやく上げると、勢いよく跳ね上がりますね!)
(この時エギは中オモリに引っ張り上げられ、その後ゆっくりハリスの長さ分落ちていく  エギングはシャクってイカを引っ掛けて釣るのではありませんよ。エギが落ちていく時にアオリイカがエギを魚などと間違いエギに飛び付くのです。)
『餌木(エギ)が潮を切り裂くようにビュッ!と鋭く跳ね上がりそして一転、海底へゆっくりひらひら〜と沈下していくイメージで・・・』
Cエギが落ちて馴染むのを待って(8秒〜12秒くらい)再び次のシャクリに・・
※アオリイカがエギに乗っているとこの時に『ズッシ』と竿に重さが加わります
注意:初心者の方はイカがなかなか乗らないとあせるあまりシャクリとシャクリの間隔がだんだん短くなっていくようです。エギがしっかりフォール(落ちて)からシャクらないと糸絡みの原因になります。
『あせらず』心の中で1・2・3・・・と数えるようにしましょう!
また、シャクリの幅もどんどんオーバーアクションになって行きがちです。
シャクリの幅は素早く1mくらいが基本です。
Dアオリイカがエギに乗っていなかったら、Cの動作を繰り返す。
E船エギングは流し釣りです。
海底は刻一刻と変化します。
3回〜4回くらいシャクったら必ず棚を取り直しましょう!
こまめな棚取りが釣果を左右する
といっても過言ではありません。




イカ釣り情報館TOP


魚突入門



PCの方は携帯から
アクセスして下さい


Copyright (C) 2010
イカ釣り情報館
All Rights Reserved.