どんなイカが釣れる?
★イカ釣り情報館★

イカ釣りで釣れるイカの種類。種類によっての釣り方狙いの違い。

イカは種類によって釣り方も違います




防波堤や波止場、漁港などから投げ釣り、エギングで狙えるのがアオリイカやコウイカです。

アオリイカ


コウイカ


船釣りで狙うイカのなかでもっともポピュラーなイカがスルメイカです。
関東地区ではマイカと呼ばれ、関西ではそのままスルメイカと呼ばれています。
大型が釣れやすく引きは抜群。
外套の背面にある幅の広い黒色の帯と菱形のエンペラが特徴のイカです。
昼間は沖合の水深100m前後に群がり、夜は浅いところへ浮いてきますので基本的に夜釣りに向いています。

スルメイカ


日本海側で一般にシロイカと呼ばれているのがケンサキイカです。
若狭周辺ではマイカと呼ばれ、初夏から晩秋にかけて夜釣りで盛んに狙われているイカです。
引きも良いのですが、とりわけ食味がよく、甘くとろけるようなうまみがあり1パイ釣れればヨダレものです^^。
エンペラが上下に長いのが特徴で、ヤリイカと似ています。

ケンサキイカ


その名のとおり胴の先端が細く長く槍のようにとがっているのがヤリイカです。
一見したところ、ケンサキイカに似ていますが、触腕が極端に短いのが特徴。
船釣りで晩秋から春にかけて盛んに狙われ、小気味よい引きが人気です。
お刺身にするとおいしく、スルメイカと同じような仕掛けで狙えます。

ヤリイカ




イカ釣り情報館TOP


魚突入門




PCの方は携帯から
アクセスして下さい


Copyright (C) 2010
イカ釣り情報館
All Rights Reserved.